2018.10.22

松山英樹も体験。ジョーダン・スピースが
意外な試合に参戦するわけ

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2018-2019シーズンが開幕したPGAツアー。現在はアジアシリーズが開催されており、マレーシアを皮切りに、韓国、中国でトーナメントが行なわれる。

 そんななか、ジョーダン・スピース(アメリカ)がアメリカ・ネバダ州ラスベガスで行なわれるシュライナーズ・ホスピタル・フォー・チルドレンオープン(11月1日~4日/TPCサマリン)への初参戦を発表。スター選手の大会出場を受けて、開催地ラスベガスは大いに沸いている。

人気選手のジョーダン・スピースが秋開催の試合出場を発表 スピースが秋に開催されるPGAツアーに参戦したのは、過去3回。2013-2014、2014-2015、2015-2016シーズンと、世界選手権シリーズ(WGC)HSBCチャンピオンズに3年連続で出場しただけだ。特に近年は、シーズン終了後の10月~12月にかけての時間はほとんどオフに充て、契約スポンサーのイベントに参加するなど、試合以外のところで忙しく過ごしているのが恒例である。

 それが今季、3シーズンぶりに秋開催のツアー参戦を表明。それも、WGCのような特別な大会ではなく、通常のトーナメントに出場することになった。

 実は、それには理由がある。PGAツアーとの話し合いによって、前シーズンのペナルティーの代わりとして、今回の出場が決まったのだ。