2018.07.26

新シーズンはスケジュールを大刷新。
PGAツアーはどう変わっていくのか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

 翻(ひるがえ)って、タイガー・ウッズのファウンデーションが主催する7月のクイッケンローンズ・ナショナルが、来季は開催されなくなった。理由は、クイッケンローズが大会スポンサーを降りて、代わりのスポンサーが見つからなかったからだ。

 故アーノルド・パーマー氏のパーマー招待や、ジャック・ニクラウスが大会ホストを務めるメモリアルトーナメントのように、長く続くと思われていたトーナメント。しかしながら、ウッズをもってしてもスポンサーが見つからなかった。それは、米ゴルフ界にとって、衝撃的なニュースとなった。

 来季は今季から3試合減となるが、フェデックスカップ・プレーオフもこれまでの4試合から3試合に減る。年間王者が1000万ドル(約11億円)を獲得するポイントレース。そのプレーオフでは、4試合で起こる”エキサイティング”な大逆転劇が話題となり、世間の注目を集めてきた。

 それが、3試合になった場合、どんな展開になるのだろう。ポイント制度においても、あらためて精査する必要があるだろう。

来季はフェデックスカップ・プレーオフも3試合となる