2018.04.20

イ・ボミを襲う「負のスパイラル」。
苦しむ女王に何が起きているのか

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 今年の8月には30歳となるイ・ボミ。精神的にも、体力的にも、絶頂期はすでに過ぎているだろうが、多くのファンが”強いイ・ボミ”の復活を見たいと思っている。そして、イ・ボミには「その期待に応えたい」という強い気持ちがある。

 振り返れば、昨季のツアー1勝、賞金ランキング23位も、ひとりのプロ選手としてみれば、決して悪い成績ではない。だが、その成績に一番納得していないのは、イ・ボミ自身だった。その前が2年連続賞金女王だったという自負もあるだろうが、それ以上に「ファンの期待に応えられなかった」という忸怩(じくじ)たる思いがあったからだ。

 そんな周囲の期待に応えようとする思いが、今の彼女にはプレッシャーとなっているようにも映るが、逆にそれを力に変えて、復調を遂げてほしいとも思う。

 イ・ボミが練習を終えて、車でゴルフ場を後にする帰り際、こんな質問をしてみた。

――勝負に対する欲や、「絶対に勝たないといけない」という気持ちは今、どの程度ありますか?

 イ・ボミは笑顔を浮かべながら、こう答えた。

「今は、そういうことを語る段階ではありません。私自身が自分に負けず、試合を諦めることなく、必ずよくなるという意地を持つこと。そうしたことが、今は大切だと思っています」

 女子ツアー屈指のショットメーカーと言われたイ・ボミ。その正確無比なショットが再び見られる日が来ることを、今はゆっくりと待ちたい。

◆どん底を見た女、比嘉真美子がツアーのトップレベルに復活できたわけ>>

◆鈴木愛、イ・ボミ、上田桃子…ほか「女王」を狙う女子プロ8人の決意表明>>

【書籍紹介】イ・ボミ「愛される力」好評発売中!

【著者】金明昱
【発行】光文社
【定価】1200円+税

※詳細はこちら>>

関連記事