【木村和久連載】人気スキー場に、
ゴルフ場の「総合レジャー化」を学ぶ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 また、一緒に連れてきた奥さんと子供が遊べる場所、砂場や公園にあるような遊具があるとか、人懐っこい犬(某コースには看板犬がいます)がいるとか、空いている芝生でインストラクターと遊べるとか、そうした施設、環境が整っているだけでも、十分じゃないですか。

 よく競馬場の真ん中に、小さな公園みたいなのがあるじゃないですか。あれと同じ発想です。

 そして、昼食のときは家族でバーベキューを楽しんでもらうなどして、ゆっくりと団らんの時間を作ってあげるのもいいですね。

 そういうことをして、家族全員が楽しく過ごせる場所になれば、ゴルフ、そしてゴルフ場は、総合レジャーとして、今後ますます発展すると思うんですけどね。

◆エンジン出力50%だった松山英樹。帝王ニクラウスのように悔しがる>>

◆【木村和久連載】夢よ、覚めないで...。若い美人キャディーさんと妄想>>

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『ヘボの流儀~叩いても楽しいゴルフの極意』3月5日発売
詳細はこちら>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る