2018.01.25

【木村和久連載】ゴルフトーナメントと
F1 GPに見るヒエラルキー

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 やれやれと近鉄線に乗って、名古屋駅までたどり着いたら、新幹線に乗り換えます。そのときでした、これまたびっくり仰天なことに直面したのです。

 なんとF1の優勝23回、ワールドチャンピオンにも3回輝いているネルソン・ピケが、席にも座らずに列車の端にうずくまっているではないですか!?

 マネジャーさんに事情を聞くと、出発の遅い列車しか座席チケットが残っておらず、急いでいたので仕方がなく、目の前に来た新幹線に飛び乗ったというのです。

 これはもう、日本人として"おもてなしの心"を見せないといけません。すかさず自分の席を譲って、ピケに座らせました。

 その代わり、記念写真を撮らせてくれ、とせがみました。それがこれです。

新幹線の中で遭遇したピケとの2ショット写真新幹線の中で遭遇したピケとの2ショット写真  いやぁ~、F1日本グランプリのコースじゃ、ただのパンピーでしたが、場外じゃあセレブに遭遇。世の中、捨てたもんじゃないですね。

 というわけで話を戻しますが、ゴルフトーナメントもF1グランプリも、会場は派手に盛り上がっていて、セレブ感が漂っています。

 とりわけ、ゴルフのビッグトーナメントでは、各業界の「我こそは~!」と名乗る方々が大集合して、ほとんどお祭り状態になっていますね。

 第一にテレビ局。ローカル局が全国中継という表舞台に立つ機会ですから、応援スタッフやら、幹部やらと次々に駆けつけ、非常に盛り上がります。

 さらに、開催コースも大手のゴルフチェーンですから、本部から続々とVIPが集結。加えて、大会スポンサー、広告代理店、用具メーカー、そしてプロOBの解説者やメディア、もちろん大会に出場するトッププロと、そうそうたる人々が集まって、レストランなどは超ハイテンションになっています。