2017.11.18

早くもマスターズに備える松山英樹。
超人レベルで「すべてを改造中」

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Kyodo News

 松山英樹が2年ぶりにダンロップフェニックス(11月16日~19日/宮崎県)に出場し、予選ラウンドを首位と1打差の8アンダー、2位タイで終えた。今季国内ツアー初出場にして、ホストプロとなるこの大会で、2014年大会以来の戴冠を狙う。

 ライバルとなるのは、昨年のこの大会の覇者で、今夏の全米オープンでは猛追する松山を振り切って優勝したブルックス・ケプカ(27歳/アメリカ)だろう。実際、予選ラウンドを通算9アンダーで終えてトップに立った。

 予選2日間のラウンドを終えたあと、松山はこう振り返った。

「上位は外国人選手が多いので、負けないようにがんばらないと。スコア的には、今日のプレーは満足していますけど、内容的にはぜんぜん満足していませんし、ミスがかなり多かった」

予選ラウンドではジャンボ尾崎(右)と一緒に回った松山英樹 松山は、予選ラウンドを尾崎将司と回った。ツアー通算94勝を挙げ、日本ゴルフ界で一時代を築いた男と、現・世界ランキング4位の男にしか分かち合えない会話というのがあるのだろう。ラウンド後、2日間をともに「67」(パー71)で回った松山に、ジャンボはこんな檄を飛ばした。

「大したことねえな!(2日間が)1アンダー、1アンダーじゃねえか」

 このフェニックスを得意としたジャンボにしてみたら、3ホールあるパー5はパー4の認識で、バーディーは獲って当たり前ぐらいに考えていたのだろう。