2016.10.27

まさかの3週連続予選落ち。
いったい、上田桃子に何があったのか

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 本来であれば、別に気にすることではないかもしれない。2014年シーズンの序盤戦にも一度、彼女はその屈辱を味わったことがある。

 だが、シーズン終盤の大事な時期に、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン(9月23日~25日/宮城県)、日本女子オープン(9月29日~10月2日/栃木県)、スタンレーレディス(10月7日~9日/静岡県)と、3試合連続の予選落ちを喫したのである。それが、かつての賞金女王であり、昨季賞金ランキング7位の上田桃子が起こしたことだけに、さすがに心配になった。

 第一、今季もここまで25試合に出場してトップ10位入りが5回。賞金ランク28位と来季のシード権はほぼ確定させて、決して調子が悪いわけではなかった。いったい、上田の身に何かあったのだろうか。

およそ2年間、ツアー優勝から遠ざかっている上田桃子「これまで、スコアを組み立てる部分はできていたのですが、自分の目標としているスタイルは、そういう目先のゴルフではなく、『そんなゴルフをしていても(目標のスタイルに近づくには)遠いな』と、ずっと思っていました。そこでこの1カ月の間に、ある程度の覚悟を持って、スイングも少し変えましたし、いろいろなところを変えました。こんなことは、今まで経験したことがないです」