2016.09.12

松山英樹&石川遼「夢のタッグ」が
ワールドカップ制覇をガチで狙う

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 男子ゴルフの国(地域)別対抗戦となるワールドカップ(11月24日~27日/オーストラリア・メルボルン、キングストンヒースGC)が今年、3年ぶりに開催される。

 日本からは、松山英樹(24歳)と石川遼(24歳)がタッグを組んで出場することが決まった。日本のスポーツ界にとってはうれしいニュースであり、日本の3度目のW杯制覇に期待が膨らむ。

 28カ国(地域)、計56人の代表選手が参加する今大会。出場選手は8月1日時点の世界ランキング上位者から決まっていき、同時点で日本人最高位の18位だった松山英樹がまずは日本代表として出場権を獲得。同時に、自らのパートナー(もうひとりの代表選手)を選ぶ権利を得た。そこで、松山が「一緒に戦いたい」と白羽の矢を立てたのが、ともにPGAツアーを戦う石川だった。

ワールドカップの「相棒」に石川遼を指名した松山英樹

 松山は「(パートナーを石川に)決めたのは、だいぶ前です」と言う。W杯開催時期は日本ツアーの終盤戦。大事な時期だけに、日本ツアーを主戦場としている選手ではスケジュール的に難しい面もあったのだろうが、松山は「そういうこともあるけど、やっぱり(石川)遼と出たい」と、きっぱり語った。