2016.07.10

リオ五輪出場か否か。
その悩みが松山英樹の調子を狂わせたのか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ついにというか、やっぱりというか、先週の世界選手権シリーズ(WGC)のブリヂストン招待(6月30日~7月3日/オハイオ州)最終日のラウンド後、松山英樹(24歳)がリオデジャネイロ五輪のゴルフ競技(8月11日~14日/ブラジル・オリンピックGC)への出場辞退を表明した。

 世界ランキング上位陣では12人目で、アジアからは初の辞退者となった。正式な出場辞退のステートメントが発表されると、アメリカのゴルフメディアもこぞって松山の辞退を取り上げた。

リオ五輪出場を辞退した松山英樹 大会初日、松山は「いろいろな情報を集めている。(五輪出場については)慎重に考えている」と話していた。それから3日後に決断を下した。

 理由は"ジカ熱"や"治安"など、とにかく不安要素が多いことだ。もともとアレルギー体質の松山は、蜂に刺されて大変なことになったこともあるそうだ。結果、最終日のラウンド終了後、五輪出場に関して「その後の心境の変化は?」と問われると、「(五輪出場は)やめます。出ません」と真っ直ぐ前を見つめて、きっぱり答えた。

「そういう(いろいろな)不安があるところでは、まだプレーするのは避けたほうがいいかな、と。一番いい選択だったかどうかはわからないけど、早めに決断したほうがいいと思った」

 そう理由を説明した松山。その後、彼の五輪辞退を伝えたアメリカメディアには、批判めいた記事は見当たらなかった。おそらく今後も、そうした話は出てこないだろう。