ユーロ2024「つまらないサッカー」と言われようとも...21歳ベリンガムの戦いはまだ終わらない

  • 了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko

 ユーロ2024決勝トーナメント準々決勝・最終日。ここまで躍進を遂げて注目の存在となっていたスイスはイングランドに、トルコはオランダにそれぞれ敗れた。

 それまでどれだけいい戦いをしていても、最後はビッグネームの前に萎縮してしまい、本来の戦いができなくなる──。ワールドカップでも見られる伝統国と新興国(スイスやトルコは新興国ではないが)の勝敗の構図に、切なさを感じてしまった。この見えない壁を破るには、年月以外に何が必要なのだろうか。

仲間を鼓舞してチームを引っ張るベリンガム photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA仲間を鼓舞してチームを引っ張るベリンガム photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAこの記事に関連する写真を見る イングランド相手に、先制したのはスイス。後半30分、右サイドでボールを受けたファビアン・シェアが内側に切り込んでエリア内に縦パスを通すと、走り込んだダン・エンドイェがゴール前に折り返し、それをうしろでタイミングを図っていたブレール・エンボロがゴール左隅に押し込んだ。

 ところが、ここからがイングランドの真骨頂。その5分後、ブカヨ・サカのスーパーゴールで同点に追いつく。それまでのらりくらりとしていても、ハリー・ケインやジュード・ベリンガムら生粋のゴールゲッターを擁するイングランドは、流れなどお構いなく一発を決める。試合はそのまま1-1で延長戦を終えたのち、PK戦を制したイングランドが準決勝に駒を進めた。

 今大会で注目を集める21歳のベリンガムは、現在5試合を終えて2ゴール。ファンの期待に100パーセント応えているとは言いがたく、スイス戦でも得点を生み出せなかった。ケインの1トップの下にフィル・フォーデンと並ぶ形では、どうしてもふたりのプレーエリアが重なり、動き回るケインのスタイルともうまく噛み合っていない。この日もシュートも2本しか打てなかった。

 人気選手が期待を裏切れば、それはメディアにとって公然と批判できるチャンスなのだろう。現地メディアは試合のパフォーマンスそのものではなく、スロバキア戦での下品なゴールパフォーマンスにUEFAが罰金を科したことに乗じて、過去の悪態について振り返ったりしていた。

1 / 2

プロフィール

  • 了戒美子

    了戒美子 (りょうかい・よしこ)

    1975年生まれ、埼玉県出身。2001年サッカー取材を開始し、サッカーW杯は南アフリカ大会から、夏季五輪は北京大会から現地取材。現在はドイツを拠点に、日本人選手を中心に欧州サッカーを取材中。著書『内田篤人 悲痛と希望の3144日』(講談社)。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る