ユーロ2024でフランスとオランダが激突 エムバペ、ガクポの両チーム左サイドのエースがカギ

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 フランス、イングランド、ドイツ、スペイン、ポルトガル、オランダ、イタリア、ベルギー。ユーロ2024の8強と目されるチームだが、グループリーグは6組なので、うまく収まることができない。スペインとイタリア(グループB)、フランスとオランダ(グループD)は、それぞれグループリーグで直接競い合う関係にある。

 現地時間6月21日(日本時間22日4時~)にライプツィヒで行なわれるグループDのオランダ対フランスは、ブックメーカー各社の優勝予想では6番人気対1番人気に相当する。フランス有利と見立てている。そのなかの1社であるウィリアムヒル社がこの直接対決につけた予想オッズは、オランダ勝利3.25倍、フランス勝利2.30倍、引き分け3倍だ。接戦度ではスペイン対イタリアをしのぐ、グループリーグ屈指の好カードと踏んでいる。見逃しは禁物である。 

 両チームとも初戦を無事に白星で飾っている。フランスはオーストリアを1-0で下し、オランダはポーランドに2-1で逆転勝ちしている。したがって、お互いにとってこの試合は、絶対に負けられない戦いではない。のびのびと戦うことができる一戦だ。撃ち合い必至と言いたくなる。

 心配の種を抱えるのはフランス。オーストリア戦の終盤、キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン/PSG→レアル・マドリード)が空中戦で顔面を強打。鼻骨骨折と診断された。フェイスガードを着用してプレーする見込みと伝えられるが、その影響がどれほど出るか。

オーストリア戦で鼻骨を骨折したキリアン・エムバペ(フランス) photo by Reuters/AFLOオーストリア戦で鼻骨を骨折したキリアン・エムバペ(フランス) photo by Reuters/AFLOこの記事に関連する写真を見る エムバペの存在はフランスの強みそのものになる。ポジションは4-2-3-1の3の左なのか、1トップなのか、微妙だ。オーストリア戦では相手ボールになると真ん中で構え、マイボールになると左ウイングに移動。それぞれの局面において、センターフォワードタイプのマルクス・テュラム(インテル)とポジションをきれいに入れ替わった。

 右のウイング、ウスマン・デンベレ(PSG)、1トップ下アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)の4人で組むアタッカー陣は、イングランド代表で1戦目に先発した前線4人、フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、ジュード・ベリンガム(レアル・マドリード)、ブカヨ・サカ(アーセナル)、ハリー・ケイン(バイエルン)より、総合力で上回ると見る。

1 / 3

プロフィール

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る