コパ・アメリカ2024はどこが優勝する? メッシのアルゼンチンか、ヴィニシウスのブラジルか

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi

6月21日(日本時間)から「コパ・アメリカ2024」がアメリカで行なわれる。優勝候補筆頭と目されるアルゼンチンや、ライバルのブラジル。そして2強につづく注目チームや注目選手を紹介する。

コパ・アメリカ2024優勝候補筆頭のアルゼンチン。充実したメンバーを揃えている photo by Getty Imagesコパ・アメリカ2024優勝候補筆頭のアルゼンチン。充実したメンバーを揃えている photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る

【アルゼンチンはメンバーが充実】

 ユーロ2024が始まったと思ったら、1週間と時を置かずに、今度はコパ・アメリカ2024が開幕する。しかも今大会は特別バージョンで、通常の南米10カ国だけでなく、北中米からもアメリカやメキシコなど6つの代表チームが参戦する。

 要するに今年の初夏は、欧州だけでなく北中南米の優勝国も決定する、フットボールファンにとっては贅沢なひと時となる。

 開催地はアメリカの14都市だ。2026年にカナダ、メキシコとW杯を共催する同国で、プレ国際大会を行なう意義もあるという。日本での放映権は、Amazon Prime Videoが取得している。

この記事に関連する写真を見る 優勝候補の筆頭は、問答無用でアルゼンチンだ。日本時間6月21日(金)にアトランタで行なわれる開幕戦で、カナダと対戦するアルビセレステ(同代表の愛称)は現在、世界と南米のタイトルホルダーである。

 つまり2021年に行なわれた前回大会と、その翌年に開催されたカタールW杯を制して"ダブル"を達成し、FIFAランキングでも首位に立つ世界最強チームなのだ。大手ブックメーカーも軒並みアルゼンチンの優勝予想倍率を最低としている。

 むろん、その最大の要因はリオネル・メッシの存在にある。昨夏からMLSのインテル・マイアミ(会長はデビッド・ベッカム)でプレーするスーパースターは、開幕戦後の6月24日に37歳になるとはいえ、まだまだトップレベルを維持。ピッチでも、彼にしかできない技巧で違いを生み出すはずだ。

 脇を固めるメンバーも一線級のタレントばかりだ。一昨年のW杯でメッシの相棒となったFWフリアン・アルバレスはその後、マンチェスター・シティで3冠を達成。今季はチームのプレミアリーグ4連覇に貢献している。中盤で主力を張るリバプールのアレクシス・マック・アリスターとチェルシーのエンソ・フェルナンデスも、サイドで異彩を放つ19歳のアレハンドロ・ガルナチョ(マンチェスター・ユナイテッド)もプレミアリーグのビッグクラブで活躍している。

 同じくMFのロドリゴ・デ・パウル(アトレティコ・マドリード)とレアンドロ・パレデス(ローマ)は、チーム内でもメッシとは特に親密で、献身的な働きでエースをサポートする。最終ラインは36歳のファイター、ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ)が統率し、ゴールマウスにはカタールW杯の最優秀GKエミリアーノ・マルティネス(アストン・ビラ)が立ちはだかる。メッシの長年の盟友FWアンヘル・ディ・マリア(ベンフィカ)や、19歳の新鋭FWバレンティン・カルボーニ(モンツァ)らもジョーカーとして控えている。

 この充実のメンバーを率いるのは、メッシと出身クラブ(ニューウェルズ・オールドボーイズ)とファーストネームをともにするリオネル・スカローニ監督だ。現在46歳の元代表サイドバックは、セビージャとアルゼンチン代表でホルへ・サンパオリ監督のアシスタントとしての指導経験しか持っていなかったが、2018年のロシアW杯後に代表監督に昇格すると、経験不足の批判をものともせずに、メッシを最大限に生かすチームを築き上げてきた。そして長年、世界最高のフットボーラーがいてもタイトルに届かなかったチームを、南米と世界の頂点に導いたのだ。

 クオリティ、組織力、団結力、勝者のメンタリティ──そのすべてを備える現在のアルゼンチンは、進行中の2026年W杯南米予選でも首位に立っている。近年は接戦やPK戦も得意としており、トーナメント戦を勝ち上がるうえで必須の勝負強さも身につけている印象だ。

 コパ・アメリカの優勝回数も、ウルグアイと並ぶ最多の15度と、伝統的にもこの大会に強い。直近の試合を5連勝して大会に臨む彼らなら、史上初のコパ、W杯、コパの3タテの可能性も十分に考えられる。

1 / 4

プロフィール

  • 井川洋一

    井川洋一 (いがわ・よういち)

    スポーツライター、編集者、翻訳者、コーディネーター。学生時代にニューヨークで写真を学び、現地の情報誌でキャリアを歩み始める。帰国後、『サッカーダイジェスト』で記者兼編集者を務める間に英『PA Sport』通信から誘われ、香港へ転職。『UEFA.com日本語版』の編集責任者を7年間務めた。欧州や南米、アフリカなど世界中に幅広いネットワークを持ち、現在は様々なメディアに寄稿する。1978年、福岡県生まれ。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る