三笘薫、久保建英らの爆発的な活躍はあるか? 欧州サッカー「日本人所属」注目5クラブの最新布陣

  • 井川洋一●文 text by Igawa Yoichi

アジアカップが終わり、ここからは日本代表選手の多くがプレーしている欧州サッカーから目が離せない。期待の三笘薫、久保建英ら、日本人所属の注目クラブの最新主要フォーメーションと現状を紹介する。

◆ ◆ ◆

リバプール(イングランド)
この記事に関連する写真を見る【4-1-2-3】
FW:ルベン・ディアス、ダルウィン・ヌニェス(ディオゴ・ジョタ)、コーディ・ガクポ(モハメド・サラー) 
MF:カーティス・ジョーンズ(ライアン・フラーフェンベルフ)、ハーベイ・エリオット(ドミニク・ソボスライ) 
MF:アレクシス・マック・アリスター(遠藤航) 
DF:ジョー・ゴメス(アンドリュー・ロバートソン)、フィルジル・ファン・ダイク(ジャレル・クアンサー)、イブラヒマ・コナテ、トレント・アレクサンダー=アーノルド(コナー・ブラッドリー) 
GK:アリソン(カオイムヒン・ケレハー)

 プレミアリーグの首位で新年を迎えたリバプールに激震が走ったのは1月26日。2015年10月に就任してから名門を完全に復活させ、プレミアリーグやチャンピオンズリーグのタイトルをもたらしてきたユルゲン・クロップ監督が、今季限りで退任することを発表したのだ。

 名将の花道を3シーズンぶりのリーグ優勝で飾りたいところだが、直近の大一番となったアーセナル戦に敗れ、優勝争いは混沌としてきた。またモハメド・サラーをはじめ多くの負傷者を抱え、特に最終ラインはやりくりが必要。

 攻撃時にトレント・アレクサンダー=アーノルドが中央に入って3-2-2-3となることの多いチームは、レフトバック(守備時は左センターバック)にジョー・ゴメスを置いたほうが安定するとはいえ、バックアップが心もとない。

1 / 5

プロフィール

  • 井川洋一

    井川洋一 (いがわ・よういち)

    スポーツライター、編集者、翻訳者、コーディネーター。学生時代にニューヨークで写真を学び、現地の情報誌でキャリアを歩み始める。帰国後、『サッカーダイジェスト』で記者兼編集者を務める間に英『PA Sport』通信から誘われ、香港へ転職。『UEFA.com日本語版』の編集責任者を7年間務めた。欧州や南米、アフリカなど世界中に幅広いネットワークを持ち、現在は様々なメディアに寄稿する。1978年、福岡県生まれ。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る