久保建英の先制弾を現地紙が絶賛 「マークを外す動き」でゴール量産へ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 2023-24シーズン開幕戦、レアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)の久保建英は、新エースに相応しい活躍で火蓋を切った。本拠地でのジローナ戦の開始5分に見事な先制点を左足で決めた。昨シーズンに続く開幕戦ゴールで、他にいくつものチャンスを作り出している。

 前半32分、ドリブルで縦に切り込み、相手2人を引きつけてのクロス。33分には、ブライス・メンデスとの息の合ったパス交換から左足を振り抜いたが、シュートは惜しくもバーの上へ。得意の形だった。

 一方で、攻守に成熟した姿も見せた。自陣で敵のパスコースを読み、カットに成功すると、自らカウンターを発動させ、ミケル・オヤルサバルに展開、ゴールに迫った。後半に入っても、1人、2人、3人と敵を外し、際どい左足シュートを打っている。

ジローナとのリーガ開幕戦で先制ゴールを決めた久保建英(レアル・ソシエダ)ジローナとのリーガ開幕戦で先制ゴールを決めた久保建英(レアル・ソシエダ)この記事に関連する写真を見る「導火線に火をつけた」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、久保のプレーをそう絶賛している。開幕戦、いきなりゴールという結果を出した功績は大きい。戦いに火をつけたのだ。

「間違いなく、チームのベストプレーヤーだった。開始5分にゴールしただけでなく、相手にとっては"最悪の脅威"を与えていた。(後半29分の交代で)次第にペースダウンしたが......」

 結局、追加点は生まれず、ラ・レアルは1-1と追いつかれてしまい、試合はドローに終わった。昨シーズン、久保が9得点した試合は9戦全勝だった「縁起かつぎ」も消えた。手放しの賞賛とはいかないだろう。しかし、辛口の批評が多いなか、久保への期待は特筆に値する。久保と交代出場のモハメド・アリ・チョには「大山鳴動して鼠一匹」と散々な書かれぶりだった。

 チームとしての仕上がりは、これからになる。ダビド・シルバ引退のショックはまだ消えていない。他にもアレクサンダー・セルロートの移籍、ミケル・メリーノの欠場、ウマル・サディクが故障明けなどで、スクランブルな布陣に近かった。

 そして本拠地レアレ・アレーナの芝生の状態が、猛暑などの影響でかつてないほど悪い。とにかくボールを動かし、滑らすスタイルのラ・レアルにとって、アキレス腱にもなりかねない状況である。修復に時間はかかるという。チームとしてペースをつかむのに苦しんだのはそうした理由もあったからで、9月に開幕するチャンピンズリーグでも不安要素になりそうだ。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る