2022.05.26

ラ・リーガのベストイレブンをスペイン人記者が厳選。「天賦の才能」「バロンドール級」の活躍をした選手は?

  • マリオ・コルテガナ●文 text by Mario Cortegana
  • 髙橋智行●翻訳 translation by Takahashi Tomoyuki

2021-22ラ・リーガベストイレブン MF&FW編  GK&DF編はこちら>>

レアル・マドリードが、2シーズンぶり通算35回目の優勝を達成したラ・リーガ。今季の各チーム、選手のプレーぶりを自国スペイン人の記者はどう見ているか。スペイン最大手スポーツ紙マルカのマリオ・コルテガナ記者に、今季のベストイレブンを選出してもらった。まずは、MFとFWの選手を紹介する。

◆ ◆ ◆

スペイン人記者が選んだ、ラ・リーガベストイレブンスペイン人記者が選んだ、ラ・リーガベストイレブン この記事に関連する写真を見る

苦境のバルサを支えた天賦の才能

MF/ペドリ(バルセロナ/スペイン)

 今季は、ペドリがトップレベルの選手であることを再認識させられるシーズンだった。怪我に苦しみリーガ出場数が12試合と少ないながらも、中盤での効果的なプレーは人目を引き、ベストイレブン選出に値した。

 彼にボールが集まるのは、それを決して失わないことを皆がわかっているため。ピッチ上のあらゆる場所、とくに攻撃の最後の局面における視野の広さは天賦の才能である。またリオネル・メッシが退団し、シャビ・エルナンデスが監督に就任したことでシュートチャンスが増え、よりよい結果を残せるようになった。

 昨年12月まで、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃すのではないかと危惧されていたバルサが、歴史的な嘲笑を浴びずに済んだのは、ペドリの功績が大きかった。

 ユーロと東京五輪にも参加した昨季の過密日程がたたり、今季開幕直後に重傷を負い、リーガ復帰を果たしたのは1月末だった。その後、ペドリを擁したチームは一気に調子を上げていき、リーガ10戦連続無敗を達成して9試合で勝利を収めた。

 一方、ペドリが先月、再び戦線離脱したあと、バルサが8試合のうち4試合しか勝てていないのは、彼の存在の大きさを示すものとなっている。

少ない出場数ながら強烈な活躍を見せたペドリ photo by Getty Images少ない出場数ながら強烈な活躍を見せたペドリ photo by Getty Images この記事に関連する写真を見る MF/ルカ・モドリッチ (レアル・マドリード/クロアチア)

 レアル・マドリードのリーガ優勝はモドリッチ抜きに成し得なかっただろう。

 シーズン序盤はそのパフォーマンスの低さにより、今季がラストイヤーになるのではないかと思われていた。しかしそこから本来の力を取り戻し、最終的には2023年までの契約延長が決定したことで世界中のサッカーファンを喜ばせた(※正式発表はまだ行なわれていない)。

 バロンドールを受賞した時のように、36歳にして今なおチームの頭脳となり、ゲームのリズムを作り出す役目を担った。また先のレバンテ戦では華麗なパスで3アシストを記録し、正確無比な右足アウトサイドを武器にリーガ屈指のパサーとして君臨し続けている。