2022.05.26

今季ラ・リーガ総括でスペイン人記者が選んだベストイレブン。久保建英の評価も聞いた

  • マリオ・コルテガナ●文 text by Mario Cortegana
  • 髙橋智行●翻訳 translation by Takahashi Tomoyuki

2021-22ラ・リーガベストイレブン GK&DF編  MF&FW編はこちら>>

スペイン最大手スポーツ紙マルカのマリオ・コルテガナ記者が、今季ラ・リーガのベストイレブンを選出。こちらではGKとDFの選手たちを紹介する。また、今季はマジョルカで1シーズンプレーした久保建英も評価してもらった。

◆ ◆ ◆

スペイン人記者が選んだ、ラ・リーガベストイレブンスペイン人記者が選んだ、ラ・リーガベストイレブン この記事に関連する写真を見る

文句なしのナンバーワンGK

GK/ティボー・クルトワ(レアル・マドリード/ベルギー)

 今季のクルトワは、まさに"プライスレスな防壁"と呼ぶに相応しい。

 パフォーマンスに波のあったカルロ・アンチェロッティ監督率いる今季のレアル・マドリードにおいて、彼の存在は数少ない信頼できる要素となった。奇跡的なセーブでチームのピンチを幾度となく救い、常に期待以上のパフォーマンスを見せてくれた。

 リーガ36試合に出場し16回のクリーンシートを達成。世界で最も要求が厳しいと言われるサンティアゴ・ベルナベウのサポーターをも唸らせ、今季のリーガで文句なしのナンバーワンGKと言えるだろう。

数々のビッグセーブで今季のレアル・マドリードを救ったクルトワ photo by Getty Images数々のビッグセーブで今季のレアル・マドリードを救ったクルトワ photo by Getty Images この記事に関連する写真を見る DF/ジュール・クンデ(セビージャ/フランス)

 クンデは弱冠23歳ながら、すでにリーガを代表するDFのひとりだ。

 チャンピオンズリーグ出場権を再び獲得したジュレン・ロペテギ監督指揮下のセビージャが、リーガ最少失点チームとなる上で彼の影響力は絶大だった。

 センターバック(CB)だけでなく、時に右サイドバックとしても高い守備力を発揮し、ボールリカバリーにも優れていた。さらに攻撃的な精神も持ち合わせ、類稀な空中戦の強さにより敵陣でも存在感を発揮した。

 またビルドアップで重要な役目を務め、DFとしての完成度が非常に高く、今夏、名だたるビッグクラブに狙われている。