2022.05.25

今季プレミアリーグでベストのGK&DFを英国人記者が選定。日本人選手2人の評価も聞いた

  • リチャード・ジョリー●文 text by Richard Jolly
  • 井川洋一●翻訳 translation by Igawa Yoichi

2021-22プレミアリーグベストイレブン GK&DF編  MF&FW編はこちら>>

大熱戦だったイングランドプレミアリーグの今季のベストイレブンを、自国英国人の記者に選んでもらった。大手高級紙などに寄稿しているリチャード・ジョリー氏は、GK&DFに存在感抜群の5名を選んでいる。また、冨安健洋、南野拓実の日本人2選手のプレーぶりも評価してもらった。

◆ ◆ ◆

英国人記者が選んだ、プレミアリーグベストイレブン英国人記者が選んだ、プレミアリーグベストイレブン この記事に関連する写真を見る

鉄のメンタルと驚異的な反応

GK/アリソン(リバプール/ブラジル)

 ユルゲン・クロップ監督はよく、このブラジル代表守護神が世界最高のGKだと称える。

 今季のプレミアリーグでは、ウォルバーハンプトンのジョゼ・サーが1年目にビッグセーブを連発して新鮮な驚きを提供したが、アリソンは重要な勝ち点につながる多くのセーブだけでなく、広大なエリアをカバーしてチームを支えた。

 リバプールの高い最終ラインは彼らの攻撃的なスタイルに不可欠なものだ。ただしそれは、相手に逆襲のビッグチャンスを与えやすいものでもある。そんな時でもアリソンはパニックにならず、鉄のメンタルと驚異的な反応で1対1を制す。

 1月のクリスタル・パレス戦を筆頭に、センセーショナルなパフォーマンスを何度も見せた。またFAカップ決勝ではメイソン・マウント(チェルシー)のキックを阻み、優勝に貢献している。

今季も良質なキックでアシストを量産したアレクサンダー=アーノルド photo by Getty Images今季も良質なキックでアシストを量産したアレクサンダー=アーノルド photo by Getty Images この記事に関連する写真を見る DF/トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール/イングランド)

 攻撃はすばらしいが、守備ができないとする評価は、クロップ監督が認めない。ポジショニングに成長の跡が見られ、素早い寄せで相手のボールを掠め取ることもしばしばある。

 とはいえ、やはりあの極めて良質なキックに、ほかの側面が霞んでしまっても不思議ではない。状況に合わせてさまざまな球種を蹴り分け、精度も抜群。今季も全公式戦で20に迫るほどのアシストを量産した。

 ゴールこそ2つだったものの、間違いなく彼が引退する時には、DFの得点記録を塗り替えることだろう。「トレントのような選手はほかにいない。彼の総合力は途轍もない」とクロップ監督は言う。