2022.05.19

奥川雅也がブンデス8得点の今季を振り返る。「短所でなく長所で勝負することができた」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by picture alliance/ AFLO

奥川雅也インタビュー(前編)

 ドイツ・ブンデスリーガの2021-22シーズンが幕を下ろした。今季のブンデスリーガで最も多くの得点を決めた日本人選手はビーレフェルトの奥川雅也だ。チームは17位となり残念ながら来季は2部に降格してしまうが、奥川はチームの全27得点のうち8得点を決めたチーム内得点王でもあった。得点のチャンス自体が少ないなかで、奥川は決定力で何度もチームを救った。そんな奥川に初夏のビーレフェルトで話を聞いた。今季の活躍ぶりや10代での海外移籍という経験、そして日本代表について、物静かに、そして時折り熱のこもったトーンで話してくれた。

――今季はブンデスリーガ1部で8得点とりました。

「負けてる試合の多くでは、チームとしても得点が入ってないので、そういう意味では守備の強度は求められつつ、やっぱり『ゴールを』と言われてきました。チーム内で(得点を)獲れるポジションも限られているので、より結果を求められていました」

――チーム内得点王になったことについてはどう思いますか。

「もともと僕は、ストライカーという感じじゃないんですけどね。普通、チームにはストライカー(らしい選手)がいたりしますよね。でも、すばらしいことだと思いますし、そこに何かプレッシャーみたいなものはないですね」

ブンデスリーガ最終節ライプツィヒ戦にフル出場した奥川雅也(ビーレフェルト)ブンデスリーガ最終節ライプツィヒ戦にフル出場した奥川雅也(ビーレフェルト) この記事に関連する写真を見る ――『僕が点をとらなきゃ』とはならなかった?

「ないですね。ただ、少ないチャンスなので、そこをどう決めるかっていうのは、自分に求めているところでもあります。いい意味でのプレッシャーはありますけど、そんな負担になるようなプレッシャーはないです」

――性格的にあまり周囲の声、期待が気になるタイプではないんですか。

「あまり考えないようにはしています。結構、分析じゃないですけど、どうやったらうまくいくかなということは、日頃からよく考えています。でも、考えたことをあまり試合に持ち込まないように、というのはしていますね。始まったら始まったで、やるしかないなという感じです」