2021.08.02

PSGの大型補強がえげつない。あのレアルをしのぐ「新・銀河系軍団」誕生

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 昨シーズンはクラブ最大目標のチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝敗退。さらに、最低ノルマとされる国内リーグでもリールに優勝をさらわれて4連覇を逃し、手にしたタイトルは国内カップだけに終わったパリ・サンジェルマン(PSG)。

 とりわけ、シーズン前に放出したキャプテンのDFチアゴ・シウバとシーズン途中に解任したトーマス・トゥヘル監督がともに新天地チェルシーでCL制覇を成し遂げたとなれば、現場の人事を預かるレオナルドSD(スポーツ・ディレクター)が味わった屈辱は想像に難くない。

なんとポール・ポグバまでPSGに移籍するかも...なんとポール・ポグバまでPSGに移籍するかも... この記事に関連する写真を見る  そこで、戦犯として批判のやり玉にあがったレオナルドSDは、ユーロ2020というビッグイベントの裏で進行していた夏の移籍マーケットで、大胆かつド派手な動きを見せた。

 まず、契約満了となったリバプールからバルセロナへの移籍が濃厚と見られていたオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに高額な年俸を提示し、あっという間に強奪。本人も直前までは「バルセロナに行くと思っていた」と本心を明かしたほどだが、それでもPSGのプロジェクトとマウリシオ・ポチェッティーノ監督の熱心な誘いがパリ行きを決心させたという。

 続いて、アレッサンドロ・フロレンツィ(ローマ)のレンタル期間が満了した右サイドバックの後釜に、インテルでセリエA優勝に貢献したモロッコ代表のアクラフ・ハキミを獲得。移籍金は推定6000万ユーロ(約78億円)で、プラス成果報酬(ボーナス)付きの5年契約を交わした。

 すると、ハキミ加入から2日後。今度は16シーズンにわたってレアル・マドリードでプレーし、契約を満了していた闘将DFセルヒオ・ラモスの獲得を発表したのである。

 昨夏のマーケットでは、トゥヘル前監督が要望したCBの補強に失敗したレオナルドSDだったが、今夏はトゥヘルへの当てつけのごとく、一銭も使わずに理想的な人材を手にすることに成功したわけだ。

 さらに、ユーロ2020開催前からイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得を水面下で進め、イタリアの優勝が決まった3日後に移籍を正式発表。ワイナルドゥムやセルヒオ・ラモス同様、ミランとの契約が満了していたドンナルンマも移籍金の発生なく獲得に成功した。