2021.06.14

岡崎慎司に「3つの後悔」。屈辱の1得点だった今季を振り返る

  • text by Sportiva
  • photo by Getty Images

スペイン1部ウエスカ退団を発表した岡崎慎司スペイン1部ウエスカ退団を発表した岡崎慎司 この記事に関連する写真を見る

■岡崎慎司インタビュー前編

 先月、シーズン終了とともにウエスカ退団を発表した岡崎慎司。2019−2020シーズンからスペイン2部のウエスカで活躍し、1年目でチーム得点王となる12ゴールを決め、1部昇格の立役者になった。

 意気揚々と臨んだスペイン1部リーグ。強豪ひしめく世界最高峰のリーグで、開幕からスタメン出場を果たし、チームは順調な滑り出しを見せたかに思われた。

 しかしシーズンを終わってみれば、ウエスカは7勝13分け18敗、リーグ18位に沈み、1年で1部の舞台から姿を消すことに。岡崎自身も25試合出場1得点と屈辱の結果になってしまった。

 清水エスパルスからドイツのシュツットガルトに移籍した2011年から10年が経過。ドイツ、イングランド、スペインと戦ってきた岡崎は、ウエスカでの挑戦をどのようにとらえているのだろうか。話を聞いた。

――ウエスカの降格が決定し、退団も発表されましたが、今、どのような心境でしょうか。

 僕自身、降格は初めての経験だったので、ただただファンの人たちには申し訳ない気持ちです。これまでは無観客だったので、ファンのみんなに1部でやっているところを見せたかったんですが、それを叶えられなかった自責の念もありますし、残念な気持ちでいっぱいですね。

――開幕から強豪相手でもある程度しっかりと戦えていましたし、岡崎選手自身も好調でしたが......。

 プレシーズンからコンディションがよかったし、自分も開幕から試合に出場できていました。2部に比べてチャンスは少なかったんですが、やれる自信は持てました。スペイン1部でもすごく難しいという思いはなかったですね。

 ただ5節でケガをしてしまったので、それがシーズンを振り返ると最初の分岐点でしたし、後悔が残ります。体が丈夫なのも取り柄でしたが、連戦での移動などもあった中で、自分の体が疲れているのかどうかもわからず、戦う準備をおろそかにしていた部分がありました。この年齢(現在35歳)になって、こんな当たり前のことを改めて考えなくてはいけないのは情けなかったですね。