2021.06.14

岡崎慎司が欧州挑戦を継続する理由。辞めどきと指導者への興味も語る

  • 粂田孝明●取材・文 text by Sportiva
  • photo by Getty Images

ヨーロッパで移籍先を探す岡崎慎司ヨーロッパで移籍先を探す岡崎慎司 この記事に関連する写真を見る ■岡崎慎司インタビュー後編

 シーズン終了とともにウエスカ退団を発表した岡崎慎司。35歳というベテランになった今、移籍先探しが難航することを自身も予想している。

 SNSで「懲りずに挑戦し続けます」とファンにメッセージを送った岡崎が、今後向かおうとしている未来とはどんなものなのだろうか。話を聞いた。

――スペイン1部の結果と、そこで得た手応えを含め、今後についてどのように考えていますか。

 もちろんスペイン1部で1ゴールしか取れなかったことは、まったく納得していません。しかし強がりになってしまうかもしれませんが、スペイン1部は厳しいリーグでも、やれないことはなかったです。どのリーグでもそれなりに苦戦しましたし、そこに長くいることによってそのリーグに慣れていきました。今回は2部から1部に昇格し、1年で結果を出さなくてはいけないという厳しさもありました。

 この結果について、いろんな人たちが考察すると思います。レスターの時もそうでしたが、「FWとして5得点じゃ物足りないよね」という評価もありました。結果が出ないと評価されないのが、僕らがいる世界です。幸いなことに、今回のスペインでの結果、その評価を僕自身が覆すことができる立場にいる。それが楽しみですね。

――35歳という年齢のこともありますが、今後の移籍についてさまざまな困難があると思いますが......。

 困難が待ち受けていることは覚悟しています。スペインに来た時は2部のマラガからウエスカに行くことになりましたが、あの時に「自分が築いてきた実績や評価ってたいしてなかったんだな」と受け入れました。だったら移籍した先で、その評価を自分の力で変えてやると思うようになりました。

――移籍先について海外、日本さまざまな選択肢があると思いますが、どんな希望がありますか。

 海外移籍して10年になりますが、ヨーロッパに長くいることによって、気持ちが変わった部分があります。いつかは日本でやりたいと思っていた気持ちはなくなって、やっぱりこのヨーロッパが、自分がボロボロになってでも戦う舞台だと思っています。その意味では覚悟は決まっています。どこからでも這い上がる気持ちはあります。