2021.05.13

インテル優勝の舞台裏。練習用マシンがルカクのプレーを変えた

  • パオロ・フォルコリン●文 text by Paolo Forcolin
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 インテルが11年ぶりに優勝を果たした。

 闘志とテクニックと情熱をもってチームを率いる指揮官アントニオ・コンテ。並外れた破壊力を持つゴールゲッターのコンビ、ロメル・ルカク&ラウタロ・マルティネス。鉄壁のディフェンストリオ(ミラン・シュクリニアル、ステファン・デ・フライ、アレッサンドロ・バストーニ)。彼らがスクデット奪取の最大の要因であることは、よく知られている。しかし、ユベントスの10連覇を阻止した裏には、その他にも知られざる秘密があった。そんなインテル優勝劇の舞台裏をご紹介しよう。

 昨シーズンの始め、インテルは追い求めてきたルカクを手に入れた。7000万ユーロ(約90億円)と、リーズナブルな買い物とは言えなかったが、結果から言うとそれだけの金額を払う価値は十分あったようだ。

 移籍後のインテルでの最初の練習から、コンテにはルカクをどのように使うか、明確なアイデアがあった。海に浮かぶブイのようなCFだ。ゴールに背を向け、DFやMFから送られてきたボールを受け、コントロールし、敵からを守り、自分でゴールに向かうか、上がって来たチームメイトにボールを出す。

 こう言うと簡単に思えるが、実践するのはなかなか難しい。ルカクはこうしたプレーにはあまり慣れてはいなかった。プレミアでのプレーはイタリアのそれとはまったく違う。かつてチェルシーを率いていたことのあるコンテは、そのことをよく知っていた。

インテル優勝を牽引したロメル・ルカクとアントニオ・コンテ監督 photo by Reuter/AFLOインテル優勝を牽引したロメル・ルカクとアントニオ・コンテ監督 photo by Reuter/AFLO  慣れ親しんだプレースタイルを、ルカクにどのように変えさせるか。コンテは悩んでいた。そんなある日のこと、GKコーチがサミール・ハンダノビッチやダニエレ・パデッリにサッカーマシンを使ってセービングの練習をしているのを見て、彼は突如閃いた。これをルカクに使ったら? 

 さまざまな角度やスピードのボールを発することができるサッカーマシン。多くのクラブが取り入れているが、効果的に用いられているケースは多くない。どうしてもボールがパターン化しがちで、インテルでもGKの練習で使われているぐらいだった。