2021.05.01

「勝てるGK」ケイロル・ナバス、驚きのタイトル数。乗り越えた試練も多数

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第56回 ケイロル・ナバス

<大舞台に強い>

 ケイロル・ナバス(パリ・サンジェルマン)は、現代のベストGKの一人だ。

 アリソン・ベッカー(リバプール)、ティボー・クルトワ(レアル・マドリード)、ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリード)など、安定して高い評価を得ているGKたちとの比較で、ナバスが図抜けているのはビッグタイトルの数である。

これまで数々のビッグタイトル獲得に貢献しているケイロル・ナバスこれまで数々のビッグタイトル獲得に貢献しているケイロル・ナバス  レアル・マドリードでは2015-16シーズンから3年連続でチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たしている。CONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)のプレーヤーとしてヨーロッパで最多16の優勝を勝ちとった。メキシコの英雄でありバルセロナで活躍した、ラファエル・マルケスを抜く最多優勝回数である。

 もちろんGKとしての能力も図抜けている。とくにシュートストップにおける技術とアジリティはすばらしく、レバンテでプレーしていた2013-14シーズンは、リーガ・エスパニョーラで最多のセーブを記録し、セーブ率は78%。リーグの最優秀GKに選出されている。PKストッパーとしても有名で、およそ半分以上のPKを不成功に終わらせている。

 身長185cmはGKとしては大きいほうではない。近年のGKに要求される足下のテクニックは、フィード力ではエデルソンなどには及ばないかもしれない。だが、ナバスはシュートを高確率で防ぎ、高いボールにも強く、何と言っても「勝てるGK」で大舞台に強い。

 2014年ブラジルW杯では、コスタリカ初のベスト8進出に大きな役割を果たしている。この大会でナバスは3試合でマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出されているのだ。グループステージのイングランド戦、ラウンド16のギリシャ戦、そして準々決勝のオランダ戦は敗れたにもかかわらずMOMだった。ナバスの存在なしに、コスタリカのベスト8は考えられなかった。