2021.03.05

ジョアン・フェリックスが「絶対的なスター」になるための条件は何か?

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第48回 ジョアン・フェリックス

<疑いようのない才能>

「疑いようのない才能がある。時間をあげよう」

 アトレティコ・マドリード(スペイン)のディエゴ・シメオネ監督(アルゼンチン)は、ジョアン・フェリックス(ポルトガル)について「時間をあげよう」と話したことがある。ベンフィカ(ポルトガル)から巨額の移籍金で活躍したのが昨季。しかし、その金額に見合うほどの活躍はできなかった。

アトレティコ・マドリードで、2シーズン目をプレーしているジョアン・フェリックスアトレティコ・マドリードで、2シーズン目をプレーしているジョアン・フェリックス 「20歳で絶対的なスターはほとんどいない」(シメオネ監督)

 ただし例外もある。モナコからパリ・サンジェルマン(以上フランス)へ、ジョアン・フェリックスを上回る金額で移籍したキリアン・エムバペ(フランス)はそのひとりだろう。シメオネが現役時代にプレーしたディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)もしかり。20歳で絶対的な存在が希少なのは確かだが、ジョアン・フェリックスへの風当たりが強いのは、例外的な選手だと思われているからに違いない。

 アトレティコでは2年目を迎えた。だが、まだジョアン・フェリックスは絶対的なスターとまでは言えない。絶対的なのはバルセロナ(スペイン)から来たルイス・スアレス(ウルグアイ)であり、不可欠なのはコケやマルコス・ジョレンテ(以上スペイン)だ。

「疑いようのない才能」はある。

 ボールタッチの才が非凡だ。ボールのどこをどう触ればいいか、瞬時に判断できて実行できる。例えば、ボールに鋭い回転がかかっている時でも、ワンタッチで手なずける。この手の才能を言葉にするのは難しいが、見ればすぐにわかるものだ。

 マラドーナのボールタッチがほかの選手と明らかに違っているのは、誰が見てもわかるはずだ。同じようにジョアン・フェリックスにも特別なボールとの親和性がある。それはボールを止める時だけでなく、柔軟なドリブルやのびやかなボレーシュートにも発揮されている。