2021.02.04

メッシの巨額報酬が暴露された理由。リークしたのはバルサの誰だ?

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 リオネル・メッシの巨額報酬が問題になっている。このことをスペインでは「カタルーニャ・スキャンダル」と呼んでいる。

 メッシは約1年前からバルセロナを去りたがっていた。相思相愛だった選手とチームの関係は、いつのまにか「喧嘩の絶えないカップル」に変わってきてしまった。去年の夏にはメッシの移籍はほぼ確実視されていて、世界中のメディアがその行先を予想した。移籍を決行しようと思ったきっかけは、チームで一番仲の良かったルイス・スアレスをクラブがアトレティコ・マドリードに売ってしまったからだ。メッシは前バルサ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウに腹を立てていた。

 だが結局、メッシはバルサを出て行かなかった。メッシの望む報酬を払えるチームは、少なくとも3つはあったが、契約解除に必要な7億ユーロ(約900億円)という途方もない金額を肩代わりするチームはなかったのだ。

 巨額の報酬が暴露されて話題のリオネル・メッシ(バルセロナ)photo by Nakashima Daisuke巨額の報酬が暴露されて話題のリオネル・メッシ(バルセロナ)photo by Nakashima Daisuke メッシはバルサに残ったが、今のバルサはもう3年前のチームとは違うものになっていた。リーガでも絶対的な強さはなく、スペインカップでは2部のチームに敗れている。バルセロナは疲れ果て、かつての華やかなショーのようなサッカーは見当たらない。

 メッシ自身も、皆に夢を与えるようなプレーをすることは少なくなった。ゴールも決めるし、稲妻のようなプレーもみせる。しかしサッカーを楽しんでいるようには見えない。バルセロナはそんなメッシの気持ちを表わす鏡となっている。

 メッシの希望がネイマールと共にプレーすることを知った時、PSGのレオナルドは「メッシを獲得することは実現可能な夢である」と公言した。バルセロナのサポーターもメッシの時代の終焉が近いことを感じていた。

 デビッド・ベッカムも、共同でオーナーとなっているインテル・マイアミにメッシをほしがり、PSG以上のオファーをした。メッシにとっては、MLSでプレーするのも悪くない。アメリカなら今ほど邪魔されることなくプライベートを楽しめるだろう。