2021.02.04

スターの引退後ビジネス。競馬、農業…アスプリージャはコンドーム会社

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko
  • 山添敏央●写真 photo by Yamazoe Toshio

あのスーパースターはいま(5)後編 
前編を読む>>

 イングランドのW杯デビュー最年少記録を打ち立て(1998年)、ワンダーボーイと呼ばれたマイケル・オーウェンは、ちょっと変わったビジネスをしている。競馬好きが高じて、ついには厩舎のオーナーになったのだ。

 オーウェンの厩舎は故郷のチェシャー州にある「マナーハウス・ステーブルス」。巨額の費用と長い時間をかけ、2007年には30頭だった競争馬も、現在は100頭に届くという。

「競馬はサッカー以上に神経をすり減らすスポーツだ。それだけにアドレナリンの出方がハンパない」

 厩舎からはすでに多くの優勝馬が出ているのが、その中でも白眉はブラウンパンサーという馬だ。2014年にはアイリッシュセントレジャーで初のG1制覇を達成し、2015年にはドバイゴールドカップ(G2) を制している。

 また、オーウェンは2017年、自らが騎手となってアスコット競馬場のチャリティーレースに出場している。それ以前は一度も騎手として競走馬に乗ったことがなかったにもかかわらず、数カ月間にわたって練習を重ね、体重を落とし、見事に2位を勝ち取った。やはり選手時代の体幹の強さがものを言ったのかもしれない。

 レース後には、チャールズ皇太子とカミラ夫人から表彰された。「馬に乗ってこんなに速く走ったのは初めてだった」と、オーウェンは「BBC」のインタビューに答えている。

 ちなみに、イングランドには競走馬のオーナーとなっている選手が意外に多い。先ごろ引退を発表したウェイン・ルーニーも、妻と共同名義で何頭かの競走馬を持っており、オーウェンの厩舎に預けている。

 また、オーウェンは日本の競馬にも詳しく、ツィッターにはしばしば有馬記念やジャパンカップなどについてのコメントをしている。今後はもっと馬を増やし、施設を充実していきたいそうだ。

現役引退後、コンドーム販売の会社を設立したファウスティーノ・アスプリージャ(コロンビア)現役引退後、コンドーム販売の会社を設立したファウスティーノ・アスプリージャ(コロンビア)  続いてはホルヘ・カンポス。自らがデザインしたド派手な色と奇抜なデザインのユニホームでゴールを華やかせたメキシコ代表のGKだ。小柄ではあるが(170センチないとも言われていた)、身体能力が高く、どんなボールにもよく反応する。アグレッシブで、時にペナルティエリアから大きく飛び出してプレーした。