2021.01.06

バルセロナの質を維持。コウチーニョが見せた気の利いた動き

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

◆歴代スーパースターがズラリ! ワールドサッカー「天才ランキング」>>

Answer 
戻って動いてワンツー

 まずポイントとなるのは、コウチーニョの最初の位置である。

 コウチーニョはフィルポが左サイドでボールを受けた時、縦パスを受けようと裏に抜け出したのだが、フィルポが外側のトリンコンとのワンツーを選択したため、オフサイドポジションまで出てしまっていた。

コウチーニョはフィルポの右横に戻ってきて、相手の間に顔を出し、ワンツーを引き出したコウチーニョはフィルポの右横に戻ってきて、相手の間に顔を出し、ワンツーを引き出した  そこで、フィルポがワンツーで縦に進入してきた時に、その場ではプレーに関わることができないコウチーニョの動き直しがポイントとなった。

 相手4人に囲まれたフィルポが、そのまま縦に突破するという選択肢はあった。しかし、コウチーニョがフィルポの右横に戻って動き直したことで、もう一度ワンツーを入れる選択肢も出た。

 フィルポはコウチーニョとのワンツーを選択。これで相手4人を振り切り、完全に抜け出すことに成功した。これが単独の進入であれば、おそらくエイバルの4人に挟み込まれていただろう。

 抜け出したフィルポは左サイドをえぐり、GKとDFの間に鋭いグラウンダーのクロスを入れた。これをファーサイドから走り込んだ、ウスマン・デンベレがフィニッシュ。

 メッシ不在のなか、投入からワンプレーで違いを生み出した、コウチーニョの気の利いたポジショニングだった。

 ところが、このゲームでコウチーニョは左ヒザを負傷。長期離脱となってしまった。バルセロナとしては、彼の不在によりまだまだ厳しい試合がつづくかもしれない。

関連記事