2020.12.25

久保建英の周囲にできつつある移籍の流れ。だが目指すべきは残留だ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 久保建英(ビジャレアル)の周囲が不穏な空気に包まれている。

「来年1月に再開する冬の移籍マーケットで、ビジャレアルを退団するのではないか」という噂が、高い信ぴょう性で立ち上っているのだ。

 2020-21シーズン開幕から第15節までで、久保は国内リーグで13試合に出場しているが、先発は2試合のみ。しかも、直近の第14節オサスナ戦、第15節アスレティック・ビルバオ戦の2試合は出場がない。現状ではカップ戦要員だ。ヨーロッパリーグではグループリーグ5試合すべてに先発出場(1試合は不戦勝)で1得点2アシストと、決勝トーナメント進出に貢献している。

リーグ戦でここ2試合、出場機会を失っている久保建英(ビジャレアル) トータルで700分近く出場し、準レギュラーとサブの中間のような立場か。しかし最近は下部組織出身の18歳、ジェレミー・ピノにもポジションを脅かされつつある。

 ビジャレアルには、久保を動かさざるを得ない事情も出てきた。ボランチのビセンテ・イボーラが膝のケガで今シーズンの復帰は絶望的。外国人枠を空けられたほうが、補強は有利だ。

 そして、ホセ・ボルダラス監督が率いるヘタフェが、レアル・マドリードに久保のレンタル移籍オファーを送ったことは事実とみられる。マドリードも、久保の現状は憂えている。同じマドリードのヘタフェのほうが、扱いやすさもあるだろう。

 移籍の条件はあまりに整っている。しかし、久保は半年足らずで新天地を求めるべきなのか――。

 結論から言えば、久保はビジャレアルで粘り強く戦うべきだろう。報道は過熱気味だが、賢明な彼が移籍を望んでいるとは思えない。

「久保は残留を希望している。チーム状況は望んでいたものではないが、本人は学びのひとつととらえているようだ。必ずポジションを見つけられると確信している」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』の記事もそれを裏付ける。

 久保が先発に定着できていないのは紛れもない事実だが、ビジャレアルは首位争いをする状況であり(19試合負けなし)、そこに19歳の新入団選手が割って入るのは簡単ではない。つまり、悲観すべき立場ではないだろう。