2020.08.07

再開CLでカギを握る選手と優勝チームは? 
久保建英世代のMFにも注目

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Agencia EFE/AFLO

「レアル、CL大一番を前に不気味な落ち着き」の記事はこちら>>

 8月12日から、リスボンのダ・ルスとジョゼ・アルバラーデで、準々決勝以降を争うことになった2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)。それに先駆けて、現地時間の7日と8日には、第1戦を終えたところで中断となった決勝トーナメント1回戦の第2戦、計4試合が行なわれる。

 すでにベスト8入りを確定しているのは、パリ・サンジェルマン、アトレティコ・マドリード、アタランタ、ライプツィヒの4チーム。そして以下が、残された4つの椅子を懸けて戦う決勝トーナメント1回戦だ。

・マンチェスター・シティ×レアル・マドリード(2-1)
・ユベントス×リヨン(0-1)
・バイエルン対チェルシー(3-0)
・バルセロナ対ナポリ(1-1)
(左が第2戦のホーム。カッコ内は第1戦の結果)

 最大の注目カードはマンチェスター・シティ対レアル・マドリードだ。サンティアゴ・ベルナベウで行なわれた第1戦は、レアル・マドリードがイスコのゴールで先制するも、シティがガブリエル・ジェズスとケビン・デ・ブライネのゴールで逆転するという展開だった。

 内容は45対55の割合でシティの優勢。アウェー戦であることも加味すれば、当時の両者の力関係は40対60ぐらいだったと想像できる。

 だが、レアル・マドリードは再開後、国内リーグにおいてチーム力を上昇させた。すでに優勝を決めていた最終節のレガネス戦こそ2-2で分けたが、他の10試合にはすべて勝利を収め、もたつくバルサをあっさり逆転。最後は5ポイントの差をつける余裕の逆転劇を演じている。

 最大の要因は、左利きのサイドアタッカー、マルコ・アセンシオの復帰にあると見る。攻撃はこれでよりバラエティになった。

ケガから復帰しリーグ戦優勝に貢献したマルコ・アセンシオ(レアル・マドリード) それ以外の4人のサイドアタッカー(ヴィニシウス・ジュニオール、エデン・アザール、ルーカス・バスケス、ロドリゴ・ゴエス)は、いずれも右利きだ。中盤選手タイプであるイスコ、フェデリコ・バルベルデもサイドをこなすが、彼らも4-3-3の布陣上では、同じサイドしかできない右利きだ。