2020.08.06

レアル、CL大一番を前に不気味な落ち着き。
逆転のカギを握るジダン

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFLO

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

 8月7日、レアル・マドリードはマンチェスター・シティとチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8をかけて激突する。第1戦はホームで1-2と敗れているだけに、アウェーでの第2戦はあとがない。厳しい戦いになるはずだ。

 ところが、ジネディーヌ・ジダン監督率いるレアル・マドリードは、不気味なまでの落ち着きを漂わせている。欧州3連覇を成し遂げたチームの余裕なのだろうか。

「レアル・マドリード戦は何が起こるかわからない。できることすべてをやり尽くして挑む」

 シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は強く警戒してそう言う。ジダン・マドリードの正体とは――。

リーガ優勝で求心力を高めているジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリード)「このチームに入団以来、ジダン監督は、いつだって自分をサポートしてくれてきた」

 レアル・マドリードで1年目のシーズンを過ごしたブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスは言う。抜擢された試合でいきなり得点を記録。今シーズンのラッキーボーイとなっている。

「ベンチだった時も、ピッチに立たせてもらった時も、メンバー外だった時だって、いつもジダン監督に信頼されているのを感じていた。だからこそ、確信をもってサッカーに取り組める。なんて言えばいいか、選手の間でもジダンはとても尊敬されている。(勝ち進んだCLなどの)ファイナルをすべて勝ち取っているのも、頷けるよ」

 ロドリゴの証言は、ジダン・マドリードの本質を表していると言えるだろう。

 今シーズン、レアル・マドリードはバルセロナとのし烈なレースを制し、リーガ王者を奪還している。

 決定打になったのは、コロナ禍によるリーグ戦中断を経て再開後の10連勝だろう。中断前は首位に立っていたバルサを、力づくで逆転。豊富な戦力を生かした総力戦で、徹底的にプレー効率を極めた。堅く守りを固めつつ、個人技やセットプレー、カウンターなどで得点を重ねている。プレー内容そのものは平凡で、さして見るべきものはなかったが、要所で力の差を見せつけた。

 ジダンは勝つために、一時は自分に反旗を翻したハメス・ロドリゲスや、反抗的な態度が目立ったガレス・ベイル(スペイン語が話せず、誰ともコミュニケーションが取れないと非難された)も、連戦の中で先発させている。