2020.07.24

メッシとも協調。バルサでもポジションをつかんだビダルの生命力

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by AFLO

サッカースターの技術・戦術解剖
第18回 アルトゥーロ・ビダル

連載一覧>>

世界で活躍する美女サッカー選手たちはこちら>>

<個人での欧州各国リーグ8連覇>


 2019-20シーズンが終了し、アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ/チリ)の"9連覇"はならなかった。ユベントスでスクデット4連覇、バイエルン・ミュンヘンでブンデスリーガ3連覇、そして昨季はバルセロナでリーガ・エスパニョーラを制していたので、個人的にリーグ8連覇だったのだ。

ユベントス、バイエルンで優勝に貢献し、バルセロナでも活躍するビダル 行く先々でタイトルを獲得する優勝請負人としては、ズラタン・イブラヒモビッチ(スウェーデン)が有名だ。イブラヒモビッチの場合は、自身のゴールが勝利に直結しているのでわかりやすい。

 ビダルはストライカーではないので貢献度はわかりにくいところがあるが、これだけ優勝しているのは、単に強いクラブに所属していたというだけの理由ではなさそうだ。

 MFとして中央もサイドもできるし、攻撃的にも守備的にもプレーでき、あるいはそのすべてを同時にできる。優れたスキルと無尽蔵のスタミナ、ポジションセンスに長け、強烈なタックラーでもある。空中戦にも強く、得点力も備えている。資質的に何でもできるので、どのポジションでも問題がない。

 バルセロナでは少ない出番に不満を漏らしていたが、今季はすっかりレギュラーとしてプレーしている。というより、現在のバルサにおいてビダルは不可欠の存在と言っていいかもしれない。

"戦士"のニックネームで呼ばれるビダルは、プレースタイルがバルセロナと合っていないように思える。バルサのインテリオール(インサイドMF)と言えば、シャビ・エルナンデスやアンドレス・イニエスタ(共にスペイン)だ。

 そして現在所属するフレンキー・デ・ヨング(オランダ)なら、シャビやイニエスタの後継者と言えそうだが、ビダルはまったく違う。なにせ戦士なのだ。むしろバルサの哲学の下では否定されてきたタイプである。