2020.07.23

嘆くメッシ「このままではCLで勝てない」。
バルサの終わりの始まりか

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Agencia EFE/AFLO

シリーズ「リーガに挑んだ日本人」はこちら>>

「何かを成し遂げたいなら、自らを省み、自分たちが変わらなければならない」

 優勝を逃すことが決まったオサスナ戦の敗戦後、バルセロナのリオネル・メッシはその不満をぶちまけている。

「我々は自分たちのミスで敗れた。(優勝したレアル・)マドリードがうまくやったから、ではない。このような終わりは望んでいなかったが、今日の負け方は象徴的だろう。今シーズン、チームは波が激しく、脆さがあった」

 連覇できなかった悔しさよりも、正念場で格下になす術なく敗れた怒りが滲んでいた。 

オサスナ戦で落胆した表情を見せるリオネル・メッシ(バルセロナ) 試合翌日には、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長とキケ・セティエン監督が緊急に会談を行なっている。その席で、少なくとも8月8日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)ナポリ戦までは指揮をとることが確認されたが……。

「前向きに将来を語る会合だった。メッシの発言はフラストレーションによる一時的なものだろう。大事なのは、気持ちを切り替えてCLに挑むことさ」

 セティエン監督はそう取り繕ったが、状況は深刻だろう。エースと言える選手が、「このままでは勝てない」と指摘し、監督がそれを打ち消すなど、異常事態だ。

 2019-20シーズン、バルサは終わりの始まりにあるのか?

 バルサの変調が表出したのは、今年1月だろう。

 スペインスーパーカップの敗退後、バルサはエルネスト・バルベルデ監督を突如として解任した。当時、バルサはリーガで首位、CLも決勝トーナメントに進出していた。バルベルデ采配への不信感は高まっていたとはいえ、現場では青天の霹靂だった。そしてフロントは新監督候補シャビ・エルナンデスに振られた挙句、キケ・セティエンに決めたのだ。

「力を出し切っていない選手がいる」

 スポーツディレクターであるエリック・アビダルは、まるで監督人事の責任を選手に転嫁するような発言をした。当然、メッシをはじめ選手からの反発を浴びることになった。ルイス・スアレスの代役となるストライカーと契約できず、有望な若手を売り払ってまで獲得したのが、凡庸の域を出ないマルティン・ブライスワイトという茶番もあった。