2020.06.29

南野拓実が明かした自身の課題。
リバプールで求めているプレーとは

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 6月25日に行なわれたチェルシー戦で、2位のマンチェスター・シティが1−2で敗戦。この結果、首位との差は残り7試合で23ポイントに開き、リバプールの国内リーグ優勝が決まった。

チームメイトとの連係もスムーズになってきた南野拓実 リバプールはユルゲン・クロップ監督、1軍選手全員、コーチ陣が市内のホテルに集まり、この試合を屋上で見届けた。当初、観戦会は強制参加ではなかったようだが、チームの和を何よりも大事にするクロップらしく、「参加を義務にした。選手よりも、私は多くの経験を積んでいる。ここでみんなで集まらないと、残りの人生でずっと後悔することを知っていたから強制にした」という。

 マンチェスター・Cが敗戦し、リバプールの優勝が決まると、選手たちは「チャンピオン」の掛け声とともに喜びを爆発させた。1990年以来、30年ぶりとなる悲願のリーグ優勝が決まった瞬間だった。

 振り返ると、今季はリバプールの強さが際立った。

 シーズン前半戦の折り返し地点まで、18勝1分無敗の圧倒的な強さで首位を独走。12月にはカタールで行なわれたクラブW杯を制し、世界王者に輝いた。大会終了後も勢いは衰えず、2月29日のワトフォード戦で敗れるまで、昨シーズンから続いていたリーグ無敗記録を44試合まで延ばし、リーグでの連勝も18試合続いた。