2020.06.26

大迫勇也、絶体絶命の最終節へ。
ゴールで「不当な批判」を跳ね返せ!

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by picture alliance/AFLO

 5月中旬、第26節から再開したブンデスリーガ2019-20シーズンは、1試合を残すのみとなった。

 約2カ月間の中断期間をはさんでも、大迫勇也の所属するブレーメンの調子は上向かず、絶体絶命のピンチのまま最終節を迎える。順位は自動降格圏の17位。6月27日の最終節はホームでのケルン戦となる。

 現在16位(ブンデス2部3位との入れ替え戦進出)のフォルトゥナ・デュッセルドルフとの勝ち点差は2で、得失点差は4下回っている。つまり自力での残留はなく、ケルンに勝利したうえで、同時刻に行なわれるフォルトゥナ対アウクスブルクの結果に運命を託すことになる。

前節マインツ戦では今季6点目のゴールを決めている大迫勇也(ブレーメン) 大迫は、再開直後の5月中の3試合は途中出場だったが、6月に入ってからは、ここまで5試合で先発。第31節パーダーボルン戦に続き、前節のマインツ戦でも得点を挙げている。

 そのマインツ戦、ブレーメンの専門サイト『ダイヒシュトゥーベ』は大迫にチーム内最高の2.5点(1~6で最高が1)をつけ、「(フロリアン・)コーフェルト監督からの賞賛を確認することができた」と評した。最終節の対戦相手が大迫の古巣ケルンだということもあり「頼れるのは大迫だけ」とも書いている。