メッシの高額年俸が頭痛のタネ。
コロナ危機でバルサの経営もガタガタ

  • 高橋智行●文 text by Takahashi Tomoyuki
  • photo by Getty Images

 また今夏の移籍市場は、全クラブが財政難に陥っているため高額移籍はほとんどなく、その多くはトレードになると推測される。

 ラ・リーガは来季開幕を9月と考えているが、最初はスタジアム収容人数の30%入場を許可し、11月に50%、2021年1月に100%と段階的に戻すことを計画している。これは、全クラブが来季前半も入場料収入の多くを失い、財政難がつづくことを意味する。そのため、選手たちと再び給与カットについての話し合いが必要になるだろう。

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る