2020.05.29

日本代表選手でも適応できず。
井手口陽介らリーガ2部での苦闘の歴史

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

リーガに挑んだ日本人(12)

 リーガ・エスパニョーラの場合、下部リーグといっても侮ってはいけない。

 リーガ2部は、オーストリア、ギリシャ、スイス、スコットランドなど欧州サッカー中堅国の1部リーグに匹敵、もしくは凌駕する水準にある。事実、多くのリーガ2部出身選手が他国で活躍を示している。たとえばホナタン・ソリアーノ(ジローナ)は、バルサB時代に2部得点王の称号をひっさげてレッドブル・ザルツブルク(オーストリア)に移籍。4度のリーグ制覇、3年連続得点王に輝いている。

 この連載「リーガに挑んだ日本人」では福田健二(カステジョン、ヌマンシア、ラス・パルマスなど)、鈴木大輔(ヒムナスティック・タラゴナ、現浦和レッズ)の活躍を綴っているが、あらためてリーガ2部という戦場とはいかなるものか――そのほかの選手たちの戦いを振り返る。

ロシアW杯を前に、2018年1月、リーガ2部クルトゥラル・レオネサに移籍した井手口陽介 2018年1月、当時、日本代表でレギュラーの座を奪いつつあった新鋭MF井手口陽介(ガンバ大阪)が、リーズ・ユナイテッドからの期限付き移籍という形で、2部クルトゥラル・レオネサに入団している。