2020.05.26

乾貴士がリーガで成功の金字塔。
バスクの土地と人が味方になった

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 中島大介●写真 photo by Nakashima Daisuke

リーガに挑んだ日本人(9)

 幾多の日本人サッカー選手が、リーガ・エスパニョーラの門を叩いた。だが、1部リーグで「成功」の評価を満点で与えられる選手はひとりもいなかった。失敗ではないにしても、大手を振って成功とは言えなかった。

 しかし、ひとりの日本人アタッカーの"降臨"で、歴史は変わった。彼の成功によって、日本人に門が開かれた。多くの選手がたて続けにスペインの地を踏むことになった。

 乾貴士(エイバル)は、スペインで金字塔を打ち立てたのだ。
 
スペインで5シーズン目を迎えている乾貴士(エイバル) 2015年8月、ドイツ・ブンデスリーガのフランクフルトに在籍していた乾は、リーガ1部のエイバルと契約を交わしている。

 エイバルはスペイン北部、バスク地方のビルバオとサン・セバスチャンの間にある小さな町のクラブである。専用の練習芝生グラウンドはなく、郊外で施設を借りている。スタジアムも1部に昇格してから改修したが、収容人数は約8000人。規模は決して大きくない。

 おそらく乾にとって、過去に在籍したどのクラブよりもハード面は"貧弱"だろう。だが、そのエイバルを出発地にしたことこそ、彼の幸運だった。バスクの片田舎の町でなかったら、この"奇跡"は起きていなかったかもしれない。