2020.05.26

華やかなイタリアW杯決勝の舞台で
実感。欧州に「同国人のよしみ」なし

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

追憶の欧州スタジアム紀行(8)
スタディオ・オリンピコ(ローマ)

 90年イタリアW杯。ローマのスタディオ・オリンピコは、決勝戦を含む計6試合を行なっている。イタリア代表がグループリーグを1位で抜け、決勝まで進めば、全7戦中、準決勝以外の6試合をオリンピコで戦う手はずになっていた。

 準々決勝まで計画は順調に進んだ。ところがナポリの「サンパオロ」で行なわれた準決勝で、イタリアはアルゼンチンに延長PK戦負けを喫する。

 決勝進出を当て込んだイタリア人が7割方を埋めた決勝(西ドイツ対アルゼンチン)のスタンドは、祭りのあとを思わせる虚脱感が交錯していた。けっして面白いとは言えなかった決勝戦の試合内容に、大きな影響を与えた気がしてならない。

2009年チャンピオンズリーグ決勝の舞台ともなったスタディオ・オリンピコ この大会、筆者がオリンピコで観戦した試合はこの決勝戦のみ。イタリア代表が見たくなかったというより、当時のローマの街の治安が異常に悪かったことと大きな関係がある。この頃は特に酷かった。ホテルが集中するテルミニ駅周辺が一番の危険地帯で、早い話が、ドロボーだらけ。ひとりで外出するには覚悟が必要なほどで、不穏なムードに包まれていた。