2020.05.14

南野拓実の課題を英国人記者がズバリ指摘。
だが今後の活躍には太鼓判

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プレミアリーグは3月13日から中断している。今年1月にザルツブルクからリバプールに加入した南野拓実は、入団から約2カ月半でシーズン中断を余儀なくされた。

リバプールに移籍した南野拓実の2カ月半を振り返ってみた 入団から中断までの経過を振り返ると、リーグ戦では9試合中3試合に途中交代で出場。現スカッドの完成度が高いリバプールで、リーグ戦での先発出場は叶わなかった。

 また、チャンピオンズリーグでも先発はなく、アトレティコ・マドリードとの決勝トーナメント1回戦の2試合でベンチスタート。ホームで行なわれた第2戦では延長後半から途中交代で出場したものの、スタメンに名を連ねることはなかった。

 一方、チームとして優先順位の落ちるFAカップでは3試合で先発出場を果たした。ウィンターブレイク中に行なわれ、ファーストチームの選手は欠場となったリーグカップ4回戦の再試合を除けば、全試合に先発した。

 南野の入団時、「タキ(南野の愛称)に適応するための時間を与えなければおかしい」とユルゲン・クロップ監督が語っていたように、ここまではプレミアリーグへの適応とベストポジションを探るための「準備期間」だったと見ていいだろう。