2020.05.14

ラガーマンのようなサッカー選手。
アダマ・トラオレは移籍市場の注目株

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第8回 アダマ・トラオレ

<ラグビー選手のようなサッカー選手>

 サッカーとラグビーは、もともと同じフットボールだった。英国でフットボール協会を立ち上げるにあたって統一ルールを協議したのだが、「ハッキング」と言って相手のスネを蹴って撃退する行為を容認するかどうかで揉めた。

ラガーマンのような体格で、サッカー界で大活躍する、アダマ・トラオレ 投票の結果、ハッキングはフットボールのルールでは容認されないことになった。それを不服としたメンバーが脱会し、新たにラグビー協会を設立することになる。

 なので、当時のサッカーは相当荒々しい競技だったのは間違いない。「パス」など、「男らしくない」とされていて、ドリブルで突き進むかロングボールを蹴り込んで追いかけるのがイングランドのプレースタイルだった。そのころのサッカー選手とラグビー選手は、たぶんほとんど見分けがつかなかったのではないか。

 今ではサッカーとラグビーでは選手の体型がかなり違う。競技が求める資質が違ってきたからだろう。たとえば、ネイマールがラグビーをやる姿を想像できない。世界最高クラスのサッカー選手ではあるが、おそらくラグビーでは最低の選手だろう。