2020.05.16

ブンデス再開へ現地のリアルな声。
メディアもファンも「素直に喜べない」

  • 龍フェルケル●文、撮影 text&photo by Ryu Voelkel

 ドイツのベルリンで暮らすフォトグラファーの筆者にとって、コロナ禍のなかで、ただ暇な時間をすごす日々が不安になり、絶望の二文字が頭をよぎりかけてきた5月第2週、朗報が飛び込んできた。

 5月16日、ブンデスリーガ再開――。

 サッカーを撮ることを生業として、サッカーを撮ることを人生にしてきた自分にとって、ひと筋の光明が差し込んだ瞬間だった。

ベルリンのサポーター。5月17日、ウニオン・ベルリンはホームにバイエルンを迎える コロナショックが始まった2カ月前から仕事がないことに関して、家族や知人には「大丈夫だよ」と言ってきたが、胸中は不安で押しつぶされそうだった。ユーロ2020は延期され、皮算用していた収入が入ってこないことになった。そして、東京五輪も延期が決定。フォトグラファーとして、先が見えない恐怖は膨らむばかりだった。

 3月10日のチャンピオンズリーグ、ライプツィヒ対トッテナム・ホットスパー戦を最後に、サッカーの試合を一切撮影していない日々をすごしてきた。そんななか、リーグ再開のニュースは望外の喜びだった。

 しかし――。