2020.04.20

絶望した時、奇跡は起きた。
94年W杯で見たロベルト・バッジョの神髄

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • photo by AFLO

欧州スター選手列伝
極私的バロンドール(1)
ロベルト・バッジョ(1993−94)

 筆者がサッカーを始めた頃、ヒーローと言えば『キャプテン翼』の大空翼だった。おそらく、当時のサッカー少年たちのほとんどが、この天才小学生に憧憬の念を抱いていただろう。

1994年ワールドカップのロベルト・バッジョ まだ、Jリーグがなかった時代である。日本代表も弱かった。もちろん、インターネットもDAZNもない。毎晩、ナイター中継が流れる野球とは違い、サッカーの情報に触れる機会はほとんどなく、だからこそ二次元の世界で空を飛ぶサッカー少年を憧れの対象とするほかなかったのだ。

 そんな時代の現実世界の楽しみは、全国高校サッカー選手権とトヨタカップだった。

 静岡県出身の筆者は、当時隆盛を極めた”サッカー王国”を代表する高校の戦いに一喜一憂し、何度も優勝を成し遂げた”地元のお兄さん”たちのプレーに心を躍らされたものだ。

 世界のサッカーに触れたのは、トヨタカップが最初だった。なかでも1989年、1990年と連覇を成し遂げたミランの強さは圧巻だった。