2020.04.18

欧州サッカークラブ経営破綻の危機。
Jリーグも対岸の火事ではない

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

「サッカー界は、想像を絶する経済的な問題に直面している。クラブやリーグに経営破綻の危険があり、仮に消滅すれば、復活できる見込みもない。

 未曽有の事態のなかでサッカーが生き延びるためには、選手、ファン、クラブ、オーナーなど、サッカーに関わるすべての人が協力し、痛みを共有する必要がある」

安心してサッカーを観られる日はいつ来るのだろうか FA(イングランドサッカー協会)理事会でグレッグ・クラーク会長が警鐘を鳴らしたように、新型コロナウイルスの影響はあらゆる社会経済活動に影響を及ぼし、サッカー界もかつて経験したことのない経済危機に直面している。

 とりわけヨーロッパでは、3月の第2週から各国のサッカー活動が次々と停止され、それから約5週間が経過した現在も、その出口は見えないまま。各クラブは今後の収入の見込みさえ立てられず、必要経費だけが懐(ふところ)から流出する、という苦悩の日々を過ごしている。

 そんななか、世界最大級の会計事務所「KPMG」は、仮に今シーズンの残りの全試合が中止された場合、ヨーロッパ5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、ドイツ、フランス)は合計約40億ユーロ(約4700億円)の収益を失うと試算した。