2020.04.16

得点量産型のモンスター。ハーランドが
持つストライカーとしての資質

  • 西部謙司●文 text by Nishibe Kenji
  • photo by Getty Images

サッカースターの技術・戦術解剖
第4回 アーリング・ブラウト・ハーランド

<16歳の確変>

 筆者の息子がまだ小学生のころ、たまに「ウイニングイレブン」で遊んだ。私は玉田圭司の身長を2mにした改造タマダをFWに起用にしていた。改造タマダの威力は凄まじく、スピードとパワーで名だたる世界的DFを打ち砕き、その躍動ぶりは笑ってしまうほどで、玉田にあのサイズ感があれば日本はワールドカップで優勝できただろうと思えた。

今冬に移籍したドルトムントでも、順調にゴールを挙げているハーランド アーリング・ブラウト・ハーランドがノルウェーのモルデでプレーしていた時、負傷でしばらくチーム練習から離れていたという。戻ってきた16歳のハーランドは見違えるように大きくなっていて、急に点をとりはじめた。

 チームメートの当初の印象は「そんなに大きくなかった」というが、現在のハーランドは194cm、87kgだ。大柄なノルウェー人の中でも大きくないわけがなく、全体練習から離れているうちに急成長し、サイズ感の違う改造人間のようになっていたわけだ。

 モルデでは39試合に出場して14ゴール、2019年1月に移籍したザルツブルクでは16試合17ゴール。そして、昨年 の12月にはドルトムントへ移籍して8試合9ゴール。新型コロナウイルスの影響でヨーロッパ主要リーグは止まっているが、すでにレアル・マドリードへの移籍の噂も出ている。