2020.03.13

ネイマールが守備に奔走で味方が拍手。
PSG今季ベストマッチで8強

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by Getty Images

 無観客で行なわれたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16第2戦「パリ・サンジェルマン対ドルトムント」は、ネイマールとフアン・ベルナトのゴールにより、2−0でPSGが勝利。これにより、トータルスコアを3−2としたPSGが4シーズンぶりにベスト8進出を果たした。

歓喜のあまり涙を流すネイマール ボール支配率は50%対50%、シュート数はPSGが9本(枠内4本)でドルトムントが12本(枠内2本)、パス本数はPSGが519本(成功率87%)でドルトムントが612本(成功率81%)、走行距離ではPSGの108.322kmに対してドルトムントが108.623km----。

 これらのスタッツが示すとおり、スコアだけを見ればPSGの順当勝ちに見えるこの試合は、実は内容的にはほぼ互角の戦いだった。

 では、そんな拮抗した試合で最後に笑ったPSGの勝因は、どこにあったのか?

 おそらくその答えは、試合終了と同時に両足を痙攣させてしまったエディンソン・カバーニと、歓喜のあまり涙を流したネイマールの姿に集約できる。