2020.03.12

堂安律と板倉滉が明かす。
森保監督との対話とコロナウイルスの影響

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 今年に入ってから、堂安律(PSV)と板倉滉(フローニンゲン)はともに出場機会を減らしている。そのふたりが3月8日、フローニンゲン対PSV戦で先発に抜擢された。堂安にとっては今年初めて、板倉にとっては2度目のスタメンであった。

ピッチで激しいバトルを演じた堂安律と板倉滉 試合は1−0でPSVが勝ったが、70分過ぎからフローニンゲンが猛攻を仕掛けると、堂安が最終ラインに吸収される一方、板倉が左右のサイドから仕掛けるなど、攻守の役回りが逆転するような白熱の終盤となった。

 堂安にとってフローニンゲンは、1年半あまりを過ごした思い出の地だ。試合当日の朝はひとりで散歩して、「懐かしいなあ」と感じていたという。

 フローニンゲン時代の堂安は、右サイドでSBのデヨファイシオ・ゼーファイクと息の合ったコンビを見せていた。今回、チーム事情から堂安が左サイドハーフを務めたことにより、ゼーファイクとマッチアップする機会が多かった。

“お前にだけはやらせない”と言わんばかりに身体をぶつけ合いながら、アイコンタクトで”今のはいいプレーだったな”という合図も交わし合う、リスペクトのこもった1対1だった。