2020.03.13

プジョルも久保建英に熱視線。
「タケはスペインでも注目の選手だ」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Minegishi Shinji

 2月に開催された世界的スポーツアワード「ローレウス・ワールド・スポーツ・アワード2020」。その会場に各スポーツ界のレジェンドたちが集まった。そのなかの一人で、同アワードのアカデミーメンバーである、プジョル氏に話を聞いた。
イニエスタ、ビジャから日本の情報を伝え聞くプジョル


 2014年に現役を退くまで、バルセロナ一筋を貫いたカルレス・プジョル。フットボールはエンターテインメントであると同時にビジネスであり、誰かが移籍すれば金銭が発生する以上、一度も他クラブを経験しないのはとても難しいことだ。プジョルの場合は95年に下部組織に加入して以降、バルサCからトップまでバルセロナの一員であり続けた。

 現役時代、プジョルとともに戦ったアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)やダビド・ビジャ、ライバルであり代表のチームメートだったフェルナンド・トーレスは日本に渡ってプレーした。プジョルは彼らから日本での近況について報告を受けているそうだ。

「アンドレスとは友人だ。彼は日本でのプレーを楽しんでいるよ」

 イニエスタ本人が神戸での生活を楽しんでいることをメディアでの発言で知ることはあるが、こうやってプジョルの口から聞くというのは喜ばしい限りだ。