2020.03.01

鎌田大地、試合延期がチャンスに。
ELとドイツ杯にかける思いは熱い

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFLO

 オーストリア全土を時速最大120キロで進む暴風雨が襲うとの予報で、2月27日21時キックオフ予定だったヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第2戦、ザルツブルク対フランクフルトは延期された。フランクフルトがSNSでその発表をしたのは試合当日の14時半。試合は翌日の18時開始となった。試合前の28日の昼間には次のラウンドの抽選が行なわれ、この試合の勝者の対戦相手がバーゼルになることが先に決まる、珍しい事態となった。

 フランクフルトで行なわれた第1戦は4-1でフランクフルトが勝利を収めている。この第2戦はザルツブルクが先制したが、フランクフルトが追いつく形で2-2の引き分け。2戦合計の結果、フランクフルトが決勝トーナメント2回戦に駒を進めた。

ヨーロッパリーグのザルツブルク戦に先発した鎌田大地(フランクフルト) 試合序盤はザルツブルクに勢いがあったが、フランクフルトは攻め込まれながらも切り抜けた。第1戦で3得点を挙げて勝利の立役者となった鎌田大地は、第2戦でも「得点を取れ」と、長谷部誠から試合前日の記者会見で発破をかけられていた。得点こそできなかったが、1-1となる同点弾につながるドンピシャのパスをフィリップ・コスティッチに供給している。長谷部は出場なしだった。