2020.02.16

原口元気、好調維持も「納得がいかない」。
1部昇格への道は厳しく

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 ハノーファーがホームにハンブルガーSVを迎えた。ドイツ北部のライバルクラブ同士の一戦、本来であればともに1部で戦っていてもおかしくない。だが、ハンブルガーは降格2シーズン目、ハノーファーは今季から2部で戦っている。試合前の時点でハノーファーは12位。一方、ハンブルガーは2位で、昇格を狙える位置にいる。結果は1?1の引き分けで、順位は変わらなかった。

 アウェーながら積極的に攻めるハンブルガーに対して、ハノーファーはどうにか耐え続けて後半に得点、しかし、試合終了間際のCKで同点に追いつかれた。

10試合連続でフル出場を続けている原口元気(ハノーファー) ハノーファーの原口元気は10試合連続でフル出場を果たした。前節グロイタ―・フュルト戦で2試合連続ゴールを決めるなど、好調を維持している。この日の前半は3-5-2のトップ下でプレーした。ポゼッション率はハノーファー41%、ハンブルガー59%。ボールを回され、守備に追われる時間帯も長かったが、相手のボランチであり攻撃の起点となるギデオン・ユングにつき、仕事をさせなかった。