2020.02.15

長谷部誠が語る「自分のよさ」。
布陣変更→ボランチでスタメン奪取に自信

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 ブンデスリーガ第22節、フランクフルトがアウェーでドルトムントに4-0と完敗を喫した。長谷部誠と鎌田大地はベンチ入りしたものの、出場はなかった。

ドルトムント戦でベンチ入りした長谷部誠と鎌田大地(フランクフルト) フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は敵将とチームを賞賛し、自らの不出来を嘆いた。

「(ルシアン・)ファブレ監督とドルトムントはおめでとう。勝利に値した。90分をとおしてすばらしい守備だった。我々はボールを持った時のアクセントに欠けていた。シュート数がそれを物語っている」

 この日のフランクフルトのシュート数はなんとわずかに1。対するドルトムントは17。ポゼッション率は63%対37%で、終始、主導権は握れなかった。シュート1本というのはかなり珍しい記録で、ドルトムントによれば、試合データを収集するようになってから、相手にシュートを1本しか許さなかったのは、2014年の11月9日、ボルシアMGに1?0で勝利した試合だけ。ちなみにこの試合、香川真司は73分から出場している。

 ヒュッター監督は呆れるしかなかった。